スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | - | - |
←prev entry Top next entry→
トランスフォーマー/ボルベール/口裂け女/シャイニング
「トランスフォーマー」(新宿バルト9)

この映画館好きだな
縦長で入るときだけ面倒だけど劇場は好き

映画は途中少し寝ました
疲れてると本当に映画館は気持ちよく寝れる

イントロの未確認飛行物体が地球に迫ってくるあたり
アメリカ軍の兵隊たちが日常会話をしているあたりなど
やっぱり導入部分はどんな映画を観ても邦画よりもずっと優れていると思う

映像は全体的に見ごたえがあった
携帯がトランスフォームするあたりなど好きだしスケールもでかい
CGってすごいなーって思ったのは「トイストーリー」観たときにすごく思ったけど
この映画でも何かもう突き抜けちゃってるなと思った

トランスフォーマーたちの動きが速いのがすごいけど
もっとちゃんと造形を見たくてちょっとイラっとする

物語は子供向けで台詞もちゃちく真剣に見ると疲れますけれど
こういう大作B級映画を作れるって素敵だなと思います

「ボルベール」(吉祥寺バウスシアター)

アルモドバル映画は初めて
役者の芝居が生き生きとしていて血が通った人間を見ているかんじが心地よい
映画の中の汗さえ一体感を持ってみられるのは演出と撮影の素晴らしさなのか
登場人物たちを愛しているのか寄り添っているのか

ペネロペ・クルスはいいなぁエロイなぁ

老獪の母の立ち姿に半世紀あまりの年月がにじみ出ていたり
歌うことを止めていたペネロペが娘に向けて歌う帰郷<ボルベール>の歌の
湧き上がるような感情
人を写し取るとはこういうことではないか
これがなければ映画なんて面白くないんじゃないか

アルモドバルをもっと観てみようか

「口裂け女」(DVD)

ひどい映画だった
いいところを探そう

佐藤江梨子が怖かった
水野美紀の殴り方が肩から振り上げる無機質な運動で笑ったし 怖かった
あと蹴りね 蹴り ドスドス苛めるような蹴り
あのあたりの演出は好き

とにかく子供が演出できてないのだ
どうにかならないのか
あのレベルでいいっていうことを業界標準にしてないかな
ダメだろ明らかにあれは

怖がらせてくれる映画かと思いきや
人物たちの過去を描こうとするのは90年代の残滓か
もうそういうことじゃなくて面白いものを観たいのだこっちは

「シャイニング」(DVD)

冒頭の空撮から完全に持っていかれる
こういうカットを撮ろうってちゃんとプランを立てれるのかな
美しい風景 でも車が向うのは恐怖の舞台
ホテルのセットも秀逸
豪華さの中に浸ることで説得力を持つ物語だし
そこにちゃんとお金をかけられるのはいいよなぁ

ジャック・ニコルソンとその妻が両方怖い

ステディカムを使った初期の作品らしいけれど
廊下のシーンとか三輪車をキコキコやってすごいかっこいいな
絨毯と木の床で走行音が変わるのとかもいいよな

ただ全体としてはそれほど怖くなく
幻覚が増えていって最後昔の写真で締められて混乱してしまった
うーんよくわからなかったな

最後ジャックがどんどん追っかけていって終わるのは「悪魔のいけにえ」
ホテルのドアを斧で壊すのは「親指さがし」を思い出す

にしてもとにかく子役の演技も素晴らしく
人柄がドカンとスクリーンとかブラウン管の前に迫りくる演出は
それだけでしびれちゃうな
またしても導入部分の脚本に惚れました
| mossa | 映画 | comments(0) | trackbacks(1) |
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | - | - |
Comment
name:
email:
url:
comments:
Trackback
http://mossa.jugem.cc/trackback/107
2007/08/27 3:36 PM posted by: 映画dvdをレビューする★映画dvdファン
TB失礼いたします。映画dvdをレビューするブログです。「トランスフォーマー」をレビューしたいと思います。